出版社なら業務をするうえで、満足のいく暮らしがおくれるのではないかと思っています。仕事をするうえで大事と言えるのは、お給料はもちろんのこと福利もだと思われます。会社が負担してくれる分、自分の身をちゃんと守ってくれていますからね。福利には会社独自の面白い制度を設けているところもあります。そうした遊び心が会社や社員を大切に考えるところなのかもしれません。もしちょっとでも気になりましたら仕事をチェックしていただくといいと思います。

今月のPickUpアンケート

未来の目標は何?【出版社の仕事に関する質問】
守山市 軟らかいYUUKI(46歳)
  • お客様だけでなく、多くの方の活用できる人物になることです。
    群馬県 トリプルシナモンロール (35歳)
  • 実家へ帰って私のオフィスを立ち上げる事ですね。
    江東区 スクエアnino (42歳)
  • 自身で想定して仕事が出来る人になることです。
    豊橋市 かっとびマーティナ (51歳)
  • 世の中に貢献できる職業をこなしていくことですね。
    福岡県 先発まな (47歳)
  • この場所で学習した知識を活用して創業することかな。
    栃木市 確固不動のAKINA (31歳)
  • 不安のない老後を過ごせるだけの財産を持つことです。
    みどり市 ダイナマイト・EMA (51歳)
  • 自分自身が開発した製品を世間に出したいです。
    佐賀県 ブルーモーティマー (45歳)
  • 職場の役員になることかな。
    品川区 十分なドリー (51歳)
  • 広く世の中に貢献できればと思いますね。
    柏市 ホウズィーア (48歳)
  • 今やっているお仕事のナンバーワンを目指しているんです。
    宇都宮市 橘延長線 (32歳)

きっと、貴方も一回は出版社が頭を掠めたことがあるのではありませんか。もしいまとは違う勤務先に居たらと、そう思ったなら確認しておいたほうがいいことがあります。最初に、自分自身がどのような未来を憧れるのかをチェックしましょう。エントリーシートなどといった書類で自分自身を説明することが大変だと感じる方には、書類選考を設けていない企業を探すことをお奨めします。現状書類選考を設けていない企業はあまりないのですが、たまに人柄重視であったり、特殊な考査を取り入れている企業もございます。

質問フォーム